よくあるご質問

モデルご応募の多くのご質問の中で、特に多かったものをまとめてみました。

モデル未経験ですが、応募できますか?

まったく問題ありません。ぜひご応募ください。これまでも当方のポートレイト撮影では、ごく普通のOLさんなど、人に見られることを職業としないモデル未経験者を多く撮影させて頂いております。
ご不明・ご不安な点は、やりとりしながら解消していきましょう。見知らぬカメラマン(男性)といきなりのモデル撮影に抵抗がありましたら、人目のあるカフェ等でのお話・お打ち合わせを設けさせて頂き、モデル様のご不安・ご不明点などをお話させて頂きます。
また実際の撮影では、カメラマン(当方)から指示を出しつつ、モデル様にはリラックスして撮影に臨めるよう配慮いたしております。

高校生ですが、応募できますか?

未成年(18歳未満)の方がモデル撮影をご依頼される際には、保護者様の同意が必要となります。

モデル勉強中で、多くの撮影機会を求めています

当方の作品コンセプト(ポートレイト作品デジタル加工作品)をご理解頂ける方であれば、ご応募の理由は特に問いません。なお、当方からモデルのためのアドバイスをすることはできませんので、あらかじめご了承ください。

今、この瞬間の自分の姿を残してもらいたい

モデル撮影を通じて、モデル様の今輝いている瞬間を切り取る場面にご一緒できるのは本当に嬉しいことだと思っています。そうした機会に当方をお選び頂けるだけでも光栄に存じます。

ヌードモデルの募集はしていますか?

現時点では幅広くの募集はしておりませんが、ご希望の際には事前にご相談ください。なお、着衣・ヌードに関係なく、モデルの諸条件は本サイトに記載されている条件と同一ですのでご注意ください。

芸能事務所に所属していますが、撮影の依頼ができますか?

お仕事のご依頼としてお請けすることは可能ですので、コンタクトフォームよりご連絡ください。


衣装はどうすればよいでしょうか?

お持ちの衣装で大丈夫です。当方から指定するドレスコードや、撮影時衣装の指示はありません。ポートレイト撮影では基本的に、上半身は無地をベースとした白もしくは明るい色を基調としたものが多用されます。スカート・パンツはご本人の好みで選択して頂いてまったく問題ありません。
ただし、メーカーロゴやキャラクターなどの著作権・パテントに触れるものや、反社会的・非倫理的・公序良俗に反する文言や写真・イラストなどが明示・暗示・示唆された衣装・撮影に入り込むアイテム等の所持は、ご遠慮ください。

メイクはどうすればよいですか?

当方からの指示はありません。普段、ご自身が気に入っているメイクにてお願いいたします。

どこで撮影を行いますか?

基本的には屋外での撮影になります。撮影内容により屋内やスタジオを選択する場合もありますが、撮影前にはモデル様にご相談・ご説明を行います。

撮影時間はどのくらいですか?

基本的に4〜5時間程度で、途中に休憩を取る形で行う場合が多いです。モデル様のご都合などもありますので、撮影前の打ち合わせで調整いたします。

撮影料などの費用負担はありますか?

お仕事としてのご依頼でなければ、撮影料などを含むモデル様の費用負担は一切ありません。

モデル料は出ますか?

当方のポートレイト作品にご理解を頂いたモデル様をお撮りする形ですので、基本的にモデル料はお支払いしておりません。


私の写真がネットで販売されるのでしょうか?

撮影したポートレイト写真と、それらを使った写真作品は、紙媒体での出版・電子出版・写真販売サイト等を問わず、また有償・無償に関係なく、不特定多数への販売・配布することはありません。
ただし、当方が参加する写真展・コンテスト等での作品発表・展示・販売、もしくはダイレクトメール(DM)・パンフレット・ポスター(広告)・雑誌・書籍・ウェブ等に掲載される場合があります。

撮影した写真はカメラマンのSNSで投稿されるのでしょうか?

当サイト、ならびにInstagramを中心としたSNS上でのポートレイト写真・作品発表も行っております。投稿もしくはタグ付け等がNGの場合は、都度ご相談下さい。
ただし、一度公開したポートレイト写真・作品の削除・撤回は致しかねますので、ご了承ください。


撮影後の写真はもらえますか?

商用での利用をしない限りにおいて、ダウンロード形式にてお渡しすることができます(無料)。なお、作品として仕上げるために写真選択・現像を行いますので、データのお渡しまで2〜3週間程度(目安)かかる場合がございます。また、メディア(CD・DVD・USBメモリ等)での受け取りをご希望される場合は、実費(メディア代・送料)をお支払いいただくことで対応可能です。
宣材写真など、商用利用をご希望される場合は、別途ご相談下さい。

仕事としての撮影の場合、条件や制約などはありますか?

2019年3月31日現在、お仕事としてお受けする撮影は、以下の条件や制約などが発生します。詳細はお問い合わせください。
※ご注意1:見直し・変更等が発生する場合がございます。
※ご注意2:詳細はご依頼時にご相談させて頂く場合がございます。

モデル様(所属事務所様)側の条件・制約等
  • 撮影料と撮影に係る費用のご負担。
  • 必要に応じて、撮影遂行に必要な必要十分な人材の確保と、それらに要する費用等のご負担。
  • ご希望撮影地がある際には、スタジオ等を含む現地の撮影許可等の事前お手続き(費用等が発生した場合、それらのご負担も含む)。
  • 当方のアート作品(デジタル加工制作)での納品の際には、作品制作料。
  • モデル様の状態管理(撮影時衣装・メイク等含む)と、それらに要する費用等のご負担。
カメラマン(当方)側の条件・制約等
  • 撮影に係る機材等の準備。
  • 撮影した全写真ならびに作品(アート作品含む)の使用・公開の制限(モデル様もしくは所属事務所様の許諾済み作品を除く)。
  • 撮影中のモデル様の状態管理(休憩等の考慮など)。